拡大しそうな日米金利差

FXトレード倶楽部

ドル円相場ですが、ファンダメンタルズ面では、先ごろ開催された年内最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米国の政策金利見通しが、大幅に上方(じょうほう)修正され、数年先までを見据えた、日米政策金利差の拡大観測が、一層、強化されました。

米国で、インフレ率の上振れが目立ち始めた、今年の春先以降、パウエル・米連邦準備理事会(FRB)議長は、ずっと、「一時的」だ!と、言い張っていましたが、現実に観測された基調インフレが、目標2%の2倍を超えてくると、判断の誤りを、素直に認めて、撤回し、インフレ抑制に、かじを切ってきました。
非常に、機敏な判断ではありました。
米国の政策金利と、ドルの先高感は強まっています。

一方、出口の見えない金融緩和を続ける日本の円は、来年も基本的に、売られやすい通貨の座から動きそうにはありません。
黒田日銀総裁は、政府との共同声明で定めた2%の目標を、堅持する方針を示しています。

以上のような観点からも、来年度のドル円の目標値は、120円に据え置いて検討を重ねたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました